足裏水虫

足裏水虫と異汗性湿疹の違い

足裏に水泡ができて強いかゆみを伴い、
足の皮が白くふやけてむけてきたら、誰もが足裏の水虫を疑うことでしょう。

 

しかし水虫ができたといって受診する人の半数近くが実は
症状の似たほかの病気だったとされています。

 

 

その代表格が異汗性湿疹なのです。

 

異汗性湿疹と水虫はほんとうにそっくりの症状なので
見た目だけでは判断が難しいところです。
また足が蒸れたことで発症するという、発症の経緯も同じです。

スポンサード リンク

 

ではその違いはどうしたらわかるのでしょうか?

 

 

見た目の症状からは判断が難しいところですが、
異汗性湿疹の場合は多くが両足両手同時に発症するようです。

 

 

どちらかというと手のひらから先に発症する人が多いかもしれません。

 

 

水虫の場合は足裏から先に発症し、
手に移る場合もありますが、足裏に留まることが多いです。

 

 

しかし正確に判断するには顕微鏡の検査で、
原因菌である白癬菌がいるかどうかを確認するしかありません。

 

 

足裏を中心に症状が出た場合は
素人判断せずに病院で検査したほうがよいでしょう。

 

 

白癬菌が存在せず、
異汗性湿疹とわかれば他の人に移す心配はなくなりますよね。

 

 

また水虫と異汗性湿疹では治療法が異なりますので、
初期症状のうちに正しい治療を行えるようになります。

 

 

ただしどちらも足裏に汗をかきやすい人におこりやすいため、
病気を併発する場合も多くあります。

 

 

その場合は素人目では全くわかりませんので、
病院で白癬菌の確認をしながらそれぞれの治療を同時に行わなければなりません。

スポンサード リンク


 

足裏水虫と異汗性湿疹の違いとは?関連ページ

足の裏が黄色い病気と異汗性湿疹の関連性
水泡と自分で可能な緩和法
足の裏角質取りはするべき?
異汗性湿疹の人は足の裏角質取りはするべき?関連(い角質,異汗性湿疹,バリア機能,保湿)