異汗性湿疹完治

異汗性湿疹は人によっては完治する?

春から夏にかけての暖かくなる季節、毎年のように繰り返される異汗性湿疹が
完治する事はあるのか?治し方はあるのか?と悩んでいる人も多いと思います。

 

 

異汗性湿疹は汗疱性湿疹とも呼ばれており、地味な症状や短時間でかゆみがおさまってしまったりと
年単位で長期的に放置してしまっている事が多い湿疹でもあります。

 

 

主婦に多い悩みでもあり、強い石鹸が原因の1つになっている為、
出来る限り低刺激なものに変更することも完治や再発防止に重要な事となります。
>>>異汗性湿疹の原因

 

異汗性湿疹では
あまりかゆみを感じず破れた水泡の皮がむけきってしまえば
治まるような場合であれば軽度のほうと言えるでしょう。

 

 

しかし強いかゆみに夜もぐっすり眠れず、
ただれやひび割れ、皮膚のごわつきに苦しむ人もいます。

 

なかなか治らないという印象の強い異汗性湿疹ですが、
治し方で完治することはあるのでしょうか?

 

 

ありふれた病気ではあるものの、
実際にはその原因や発症のメカニズムがはっきりとは解明されていないため、
その治療法は対症療法によるものが基本となっています。

スポンサード リンク

 

異汗性湿疹は体質が大きく関係しているため、
体質へのアプローチは簡単ではありません。

 

 

10年以上も再発を繰り返している人も多く、
これをすれば完治できる、といった方法はないというのが現実です。

 

 

ただし、中にはこれで完治した、と言う体験談もありますので、
その人の体質に合うものであれば効果を感じられるものもあるのでしょう。

 

 

あくまで個別の体質による部分が大きいので
あきらめることなく試してみる事でご自分に合った方法を見つける事も可能という事になります。
>>知っておくと安心!制汗クリーム実力トップ3

 

 

皮膚科での一般的な治療法はステロイドと抗アレルギー薬によるものですが、
これで再発が抑えられたという人は軽度の人や初期の人のようです。

 

重症化している人はこれらの治療での完治は難しいとされています。

 

 

そんな中、完治を目指せた治療例があるうちのひとつがビオチンとミヤリサンの服用です。
手湿疹で具体的な治し方を考えた時に薬学面で挙げられるのが
こういった成分になります。

 

 

ビオチンはビタミンB群の1種の水溶性ビタミンです。

 

 

ビオチンは腸で吸収されるため、
ミヤリサンという整腸剤を一緒に服用します。

 

 

異汗性湿疹の人は腸内環境が悪化している人も多く見られるため、その改善も必要です。

 

 

またドクダミをお茶として飲むことで効果があった人も多く、
患部に生葉を直接湿布する人もいるようです。

 

 

昔からデトックスティーとしての効能が知られていますが、
皮膚の排泄機能を高める効果があるのかもしれません。

 

 

ハーブティーなども上手く併用して
リラックス効果で精神的な汗を抑える事を考えても良いかもしれませんね。

 

大量の汗に悩む場合、できるだけ原因となるものを排除する工夫が大切になってきます。

 

 

塩化アルミニウム溶液を使った密封治療
多汗症が原因となっている人の間で効果があがっています。

 

 

いずれも良くなったからと言ってやめずに続けていくことで再発を抑えることができるようです。

スポンサード リンク